親子の時間研究所

〈入園〉初めての親離れ~うちの子どもはこれで泣かなくなりました~

入園。
子どもが初めて親のもとを離れ社会に出るその時、親はここまでの苦労と子どもの成長を感じ、眩しく輝く日を迎えることでしょう。

そんな親の横で、ギャンギャン泣き叫び親から離れるのを嫌がりイヤイヤ先生に連れていかれる子ども。

複雑な気持ちになりますね。

慣れてしまえば進んで行くようになる。
そう心を鬼にして連れていくしかありません。

今回は私の体験談で、持たせることで安心し、子どもが落ち着く方法をお話しします。
同じように困っているママのお役にたてばうれしいです。

 

子どもの傍に有る大切なものを探す

できることならもう少しだけ。もう少しだけ子どもの心が軽くなってくれたらと思い、日常の子どもの様子を観察することにしました。

子どもが落ち着くものはなんだろう?
ぬいぐるみやクッションなど、ぐずったときに落ち着き安心してくれるものを探します。

だからといってお気に入りの玩具は幼稚園には持っていけないし・・・。
せめて鞄に大好きなものをと思っても、ウチの子どもが通う幼稚園はキーフォルダー等を鞄につけることを禁止しています。

何かいいことは方法はないだろうか。
帽子や鞄に大好きなワッペンもつけてはいるけど、たいした効力は無く。

そこで、私たち夫婦が導き出した答えは、『お手拭きタオル』でした。

もともと小さいころからタオルが大好きだった息子。どのタオルでもとりあえずは好きみたいですが、特にお気に入りが『お手拭きタオル』でした。

 

肌に触れたり感触が良いものが良いのかも

私たちは類似品が無いか探し回りました。
しかし、どこかで適当に買ったタオル。さすがに類似品は見つかりませんでした。

そこで似たタオルデザインを作成し、タオルプリントをしてくれる場所に依頼し作っていただきました!
お手拭きタオルでしたら500円くらいでできます!

このタオルを持たせたら100人力。
夫婦そろって自信の一品でした。

そして息子にとっても!

子どもにとってはまだまだ母のぬくもりに守られたい年頃です。
それを急に引き離されるので、不安で仕方ありませんよね。

少しでも不安感や、孤独感を取り払えるように考えてあげてください。

大人もそうですが、旅行などでお布団が変わると眠れない方もいますよね。
普段慣れ親しんだ感触や香りは、知らず知らずのうち私たちに安心感を与ええくれるのです。

それは子どもなら尚更です。

 


スポンサーリンク

親離れは少しずつ

それでも息子は別れるときは泣いてしまいます。
しかし、そのタオルが片手にあるだけで、一人で教室に入っていきます。

担任の先生曰く、ずーっと握っているそうです。
でも、そんな日も数日続いていくと、だんだんタオルを置いて遊べる時間が増えていき、泣かなくなりました。

今でも時折、お迎えに行くとタオルを握っていることがありますが、気になるほどではありません。
そのうえ、市販の他デザインのタオルでも全く気にせず持っていけるようにもなりました。

幼稚園に泣いて泣いて向かっていた息子。
もちろん慣れてしまえば大丈夫!
でも、少しだけ、ほんの少しだけ勇気をあげたくてタオルを作成しました。

子どものタイプ十人十色。すべての子どもが同じでは有ませんが、同じようなお子様がいらっしゃいましたら、是非試してみてください。

少しでもお子様の勇気になることを祈っています。
そして、明るい入園生活が送れますように。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク