親子の時間研究所

働くママの悩み。保活はどうすればいい?

この記事は約2分で読めます。

働くママの悩み。待機児童問題。

赤ちゃんとの毎日の暮らしの中で、働くママが悩まされるのが、待機児童問題。

仕事にいつ復帰できるのか、生活はどうしていったらいいのか、不安をかかえるママは少なくありません。
うちの子は、どうすれば入れるの?
保活はどうしたらいいのでしょうか。

保活を始めるタイミング

ママがお仕事に復帰するタイミングで保活を始めて、保育園に入れるのがベストですが、激戦区ではなかなか、そうはいかないのが現実です。

地域により差がありますが、入るのが難しい激戦区では、募集が多い1歳での4月入園を目指すのが一番です!

年度途中の入園は、いつ空きが出るかがわからず、確実に入るのが難しくなります。
また、1歳からいれたいと思っているママは多いのですが、0歳児の園児が進級するので、1歳からだと枠がかなり少なくなってしまうのです。

生まれて間もない赤ちゃんを数ヶ月で...と寂しさもあるかもしれませんが、入園を狙うなら、0歳児の41月入園に向けて動きましょう!


スポンサーリンク
2019-09-05_ad_03_sp

保育園の種類

一般的には、まず認可保育園を希望する人が多いです。

認可保育園は10月〜12月末の年末頃が申し込み期間です。

一方で、認証保育所や認可外保育施設は、施設によって申し込み期間が異なります。

要注意なのは、認可保育園の結果を待ってからでは、認証保育所の申し込みに間に合わない場合があります。
認証保育所は先着順というところもあり、特に激戦区では、先に認証保育所を見学して、気に入った所は申し込みをしておくのがベストです。
認可保育園の結果を待ってからでは、落ちた人が殺到してしまい、結局どちらも入れないということが起こる可能性が有ります。

まずは、入園を希望している前年の春には、認証保育所を探しましょう。
そして、夏頃から認可保育園の見学に行くのがスムーズな方法です。

まずは自分の地域の状況を調べましょう

まずは、住んでいる自治体の役所へ行って、地域の保育園の状況を調べましょう。

保活は住んでいる地域内での狭いエリアでの競争になります。
自宅周辺の保育園はどんなところがあるか、待機児童はどれくらいいるのかといった情報をリサーチすることが重要です。
住んでいる地域があまりにも激戦区の場合は、入りやすい地域への引越しを考えたり、職場近くで入園を検討する必要があります。

まずは役所へ行って現状を把握しましょう!

入れなくて困ったときのために

激戦区では、入れなくて後から困るということがないように、保険をかけておくことが大事です。

認可外保育施設にはお金を払えば入園の予約ができる所があります。
受験と一緒で、あらかじめ滑り止めの保育園を用意しておきましょう。
第一志望が受かったら、こちらのお金は戻ってきませんが、本命が落ちても行く所はある、というリスクヘッジにはなります。

ママの職場復帰をしたいタイミングで考え出すと間に合いません!
後々困らないためにも、余裕をもって準備しておきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
2019-09-05_ad_05_sp