親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年9月1日

洗濯のりでスーパーボールを手作りしよう

自宅でスーパーボールを作ってみよう

カラフルな色でよく跳ねるスーパーボール。
お祭りなどでもスーパーボールすくいは、子どもたちに大人気ですよね。

スーパーボールが自宅でも簡単に手作りできるということ、みなさんご存知でしょうか?

今回は子どもと一緒に簡単に出来るスーパーボールの作り方をご紹介したいと思います。

 

材料と道具

主な材料

「洗濯のり」(PVA(ポリビニルアルコール)と明記のあるもの)
「塩」
「水」
「絵具」(色を付けたい場合)

洗濯のりは100円ショップでも売られています。
注意点としては、洗濯のりは必ずPVA(ポリビニルアルコール)と明記のあるものを使用してください。

 

必要な材料は

「紙コップ」
「割りばし」
「キッチンペーパー」
「新聞紙」(机の汚れを防ぐために敷く)

以上です。

 

スポンサーリンク

さっそく作ってみよう

スーパーボールの作り方はとても簡単です。

作り方

1、紙コップに1センチほど洗濯のりを入れる。
2、別の容器に水100cc、塩40グラムを入れてよく混ぜる。
3、1に2を入れ、割りばしで混ぜる。色を付けたい場合はこの時にお好みで絵具を入れる。
4、液体が白く濁って、割りばしに固まりがついたら、固まりを取り出して、手の平でコロコロと丸める。
5、形を整えたらキッチンペーパーで水分を取る。

以上で完成です。

 

作ったばかりだと水分が多く、うまく跳ねない場合もあります。
1日ほど乾かしてみましょう。

 

作ったスーパーボールで遊んでみよう。

たくさん作ると、作り方のコツもわかってくると思います。
パパ、ママ、家族みんなで作って、誰が一番よく跳ねるスーパーボールを作れるか?!など取り組んでみても楽しいと思います。

これは洗濯のりの中に散らばっているPVA(ポリビニルアルコール)が塩によって凝固する現象を表しています。
小さなお子さんには説明を理解するのは難しいかと思いますが、普段の遊びから理科への興味を持つきっかけにもつながっていくと思います。

是非おうちで楽しみながら作ってほしいと思います。

mitomo

大手新聞、リクルートの雑誌などの制作関連の仕事を経た後、国内、海外へひとり旅。

田舎育ち、田舎暮らし。2児の母。

多少煩わしくても、人と人とのつながりを大切に。型にはめず、子どもの可能性を最大限に伸ばしていく方法を考えながら子育てをしています。


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう