親子の時間研究所

針も糸もいらない?簡単な材料で手作りテディベア!

子どもってヌイグルミが大好き!
そんな印象ありませんか?

なんといっても憧れのテディベア。
買うのもいいけどせっかくなら作りたい。でも手作りテディベアってなかなか難しいし、家事と育児の合間をぬってなんて時間がないし…、材料費も考えると結構するし、そもそも初心者には大変すぎるイメージですよね。

そこで私が小さい頃に母に作ってもらい教えてもらった、簡単な材料で作れる「テディベアのヌイグルミの作り方」を紹介します。

材料

・四角いタオル
好きな大きさ、好みの色で良いです。

・細い髪ゴム
輪ゴムでもOK、100均でも売っている細い髪ゴム(透明)の方が目立ちにくいのでオススメです。

・リボン
好みの色と大きさでOK。

なんと材料は3種類で慣れてしまえば5分かからないで作れてしまいます!しかも全て100均で揃ったり女の子の子どもがいる家庭ならお家にあるものばかりです。

では、さっそく作り方です

作ってみましょう!

まず最初にタオルを両端から真ん中に向かってクルクル丸めていきます。
※なるべくキツめにバランス良く、ここを緩くしてしまうと後で崩れてしまいます。

クルクルした部分が見えるように捻って前へ持っていきます。
※正面下のクルクルが崩れないように抑えながら

先程前に持ってきたのがこうなります。

重なった上の部分が腕となる所、重なった下の部分が足です。

上の部分を左右対象に広げ、腕の部分を整えます。
ここで頭部の場所を決めましょう。

頭部の場所が大体決まったら首にあたる所をゴムでとめます。
※ゴムでとめた後に顔にあたる部分を裏側から指で押して整えます

この時点で何かしらのヌイグルミに見えてきませんか?

耳にあたる位置をゴムでとめます。
全体的に整え終わったら、首の部分にリボンをつけます。

 


スポンサーリンク

完成!

どうですか?
今回は茶色のタオルで作ったのでかなりテディベアらしくなったかと思います!

結んだリボンと、とめたゴムを解けばタオルに戻るので
外でグズった時の即座クマさんとして、お子さん同士のプレゼントとしてもただのタオルを袋に入れて渡すより中身が見える透明の袋に作ったテディベアを入れて渡したらとても可愛いし盛り上がる事間違いなしです!

そしてとても簡単なのでお子さんと一緒に作れます。
タオルの色や柄、リボンの色を一緒に選んで目や鼻を縫い付けたりして世界に一つだけのオリジナルテディベアとしてもオススメです。

我が家の娘にも作ったところ「わー!くまさんだー!」と、とても喜んでしばらく他のヌイグルミの一員にして遊んでました。

材料を揃えて1からテディベアを作るより手軽にできてとても簡単です。
作ってからの使い道は沢山あると思うので是非作ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク