親子の時間研究所

2020、21年秋冬新型コロナ&インフル同時流行で子どもが感染したら

この記事は約1分で読めます。

毎年のように予防接種を受けるインフルエンザだけでも、やっかいなのに2020年、21年の秋冬は"新型コロナに注意しながらインフルエンザにも注意する"という難しい年になってしまいそうです。

すでに厚生労働省では、同時流行に関する備えが進められていますが、仮に子どもたちが「同時流行」している時に、発熱したらどうすれば良いのでしょうか?

同時流行時に発熱しても、これまでと対応は同じです!


画像出典:PhotoACより

新型コロナも、インフルエンザも同時流行している時に、仮に子どもが発熱したとしても、その時点では「風邪」「新型コロナ」「インフルエンザ」「他の病気」なのかはわかりません。

PCR検査をしなければ、ハッキリと新型コロナだとわからないのですから、素人判断で「これは新型コロナだ!」と言い切ることは出来ないのです。

だからこれまでに発表されているガイドライン通りに、まずは慌てず、騒がず半日程度様子を見てください。

2020年9月までのデータですが、子どもに関しては新型コロナの発病率は少ないため、その熱はインフルエンザかただの風邪か、他の病気かもしれません。

そして、半日経っても熱が引かない場合は、かかりつけ医や地域の医療機関、今後設立されるであろう「相談窓口」にて電話相談を行い。

それぞれの窓口の指示に従って、行動してください。

インフルエンザも新型コロナ並に十分怖い!

事前にインフルエンザの予防接種を行っていれば、子どもが発熱した時にインフルエンザに対しての重症化を予防することが出来ます。

新型コロナも十分恐ろしい病気ですが、インフルエンザも重症化すると脳症を引き起こし、死を招くことがあります。

しかも、脳症になると3割の子どもは死に至るとされており、小さな子どもたちにとっては、新型コロナと同じぐらい。あるいはそれ以上にインフルエンザも恐ろしい病気なのです。

新型コロナもインフルエンザも、うがい手洗い、三密を避けるで対策可能です!

新型コロナもインフルエンザも、予防接種が出来る、出来ないの差こそありますが、基本となる対処法はほとんど同じです。

・うがい手洗いを徹底する
・三密を避ける
・十分な休養とバランスの取れた栄養摂取

新型コロナの予防を徹底したおかげで、その他の感染症の感染者数が落ちたという報告もあり。これまで通りのコロナ対策とインフルエンザの予防接種をしておけば、今年の秋冬も子どもたちの健康を守ることが出来ますよ!

[参考1]『新型コロナとインフルエンザ同時流行が予測される冬・・・子どもが発熱したらその時どうする』|FNN

[参考2]『インフルエンザQ&A』|厚生労働省

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク