親子の時間研究所

食欲の秋!お腹を満たすと心も満たされる  〜 上野里江の『こころのママ』(その18)

この記事は約1分で読めます。

気温が下がって秋らしくなってきた今日この頃

買い物に行くと店先には、さつまいもやかぼちゃ、キノコ類に柿、なし、ブドウ、みかん…と
秋の美味しい味覚が並ぶようになりましたね!

いも類が大好きな我が家の娘は
食卓にさつまいものサラダや煮物が並ぶと目をハートにして喜んでいます。

 

でも、キノコ類があまり得意ではない息子は
キノコずくしの料理を出すと「あ~…」と、困った顔になることも…。

私からしてみれば、どれもこれも美味しい秋の味覚

でも、子ども一人ひとりの好みは違うので、喜んだり困ったり、反応はそれぞれ。

作る側としては、どんな料理も「美味しい!」と言って
食べて欲しいと思うのですが…

子どもには子どもの感覚がある!と、尊重することは大切だと思っています。

好き嫌いや食べられる量というのは、個人差があって当たり前!

大人だって、同じですよね。

 

「イヤなら食べなくていい!」「なんで食べられないの?」と怒ることは
子どもを否定しているかも?

そう思います。

 

実は食事って、子どものお腹を満たすだけではないのです。

 

「何が食べたい?」「どんな味つけがいい?」「食べられないものはある?」と
子どもの注文を聞いてあげたり

子どものリクエストに応えて大好きなメニューを食卓に並べたりすることで

「ママに大切にされている」と心が満たされる食事は、お腹と心と両方を満たすものなのです。

 

あなたの大好きな料理は、何ですか~?

きっと、その料理には小さい頃の思い出も詰まっているのでは??

今、目の前にいる我が子は、あなたの作る食事で心と体を育んでいます。

好みは色々あるけれど…ママの愛情、ママの心を込めた食事は、

子どもにとって何よりも心が満たされるご馳走なのです!

 

苦手なものを無理に食べさせなくても大丈夫。

体は、ちゃんと必要なものを取り入れようとするから…

 

美味しい!嬉しい!と感じることを大切にしよう。

 

食欲の秋!

是非、子どもに注文を聞いて、お腹と心を満たしてあげてね!

 

上野里江の『こころのママ』
(その1)子どものマスク、どうしてる?
(その2)桜はまた咲く~今を大切に味合いつくそう!
(その3)子どもの育ちにつながる!おうち時間の過ごし方のヒント
(その4)毎日の献立メニュー、どうしてる?
(その5)子どもに『ごめんなさい』を言わせるより大切なこと
(その6)ママのいい気分♪深呼吸を取り入れてみよう~
(その7)「子どもと一緒に」は期間限定!たくさん手をつなごう
(その8)子どもに「新しい生活様式」を身につけるために大切なこと
(その9)「うちの子は、言わないとやらないのよ!」と心配しているママへ
(その10)子どもの心は「笑い」でコロッと変わるんです!
(その11)子どもには、ママに言われて「うれしいことば」があるんです!
(その12)ママの愛情が伝わる!毎日できる簡単なこと
(その13)ママの「疲れた~」は、がんばった証拠です!
(その14)あなたはどんなことばをかけますか?
(その15)親子が似るのは、顔や体形だけじゃないんです!
(その16)「自分でやりなさい!」は、自立を促しているようで、実は…
(その17)ママは女優になろう!~子どもはママの表情を読み取っていますよ~
(その18)食欲の秋!お腹を満たすと心も満たされる 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク