親子の時間研究所

ダンボールで本棚を作ろう

この記事は約1分で読めます。

保育園で月刊の絵本を申し込めば、毎月1冊ずつは増えていく絵本。とはいえ大きな本棚を用意するの悩みどころ…。

そこで今回はダンボールで本棚を作りました。
2段のもので、上段は表紙を見せて収納できます。

我が家の娘はまだ2歳。
文字を読めないので、表紙のイラストでお気に入りの絵本が見つけやすくなりました。

必要なものはコチラ

・横長のダンボール 同じ大きさの物を2枚(今回はオムツ2パック入りのダンボールを使用。)
・ダンボール 適量(カサ増しに使います)
・ガムテープ
・のり
・折り紙など飾り付けに使うもの
・はさみ/カッター

作り方

1.本の表紙を飾れる上段を作ろう

まずは本を横向きに収納できる上段を作ります。写真の青線のように2辺を切り込みを入れます。

切り込みを入れたらダンボールの内側に折り込みます。

オレンジの枠線で囲んだ隙間に①と同じ大きさのダンボールを詰めます。
できるだけびっしり入れてください。

その上、緑の枠線で囲んだ部分は
①の奥行2/3くらいの大きさのダンボールを10枚前後を重ねます。
重ねたダンボールはガムテープでまとめます。

ダンボールと横幅を合わせた写真のような大小のダンボールA・Bを用意します。

このダンボールをオレンジ枠の上、緑枠の下に
フタ部分をそれぞれ差し込みます。

折り目で立てて、ガムテープで固定します。

2.収納用の下の段を作ろう

下の段は簡単。
フタ部分を内側に折り込むだけです。

3.飾り付け

1と2で作ったダンボール二つをガムテープでぐるっとくっつけます。

折り紙やテープ、壁紙シートなどなどでお好みで飾り付けしましょう。

2歳の娘はノリを片手にぺたぺた折り紙を貼ってくれました。

ダンボールなので、
ボロボロになったりいらなくなった時の処分はらくちんです。
子どもの好みに合わせて飾りを変えるのも楽しいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク