親子の時間研究所

えっ、本物じゃないの!?紙粘土でフェイクマカロンを作ろう!

この記事は約1分で読めます。

「わ~美味しそう!」と食べたくなるような見た目をしていますが、実はこれ紙粘土で出来ているんです!

どこからどう見ても本物にしか見えませんが、紙粘土だけでこんなにも可愛らしい、本物と見間違えるレベルのフェイクフードが作れちゃうんです。

その気になるフェイクマカロンの作り方とは……?

フェイクマカロンに必要な材料と道具

[材料]

  • 紙粘土……いっぱい
  • ピンク色の絵の具……1本
  • レモン色の絵の具……1本
  • ベビーオイル……少々

[道具]

  • 小さじ
  • 透明な下敷き
  • カッター
  • テープ
  • 爪楊枝3本

今回の工作で必要な材料は、ほぼ紙粘土だけ!
あとは絵の具さえあれば、本物みたいなフェイクマカロンが出来るんですよ~。

1.紙粘土の中に絵の具を混ぜて、よく揉みほぐす

紙粘土の中に、好きな色の絵の具を混ぜてから、紙粘土が柔らかくなるように揉みほぐしましょう。


スポンサーリンク
2019-09-05_ad_05_sp

2.1の紙粘土を小さじを使って、丸くし。透明な下敷きでつぶす

1で作った紙粘土を次は、マカロンの形に丸めましょう。
お料理などで計量スプーンの「小さじ」の内側にベビーオイルを塗って、その中に紙粘土を入れ丸い形に整えます。

丸い形になった紙粘土を透明な下敷きを使ってつぶし、マカロンの生地を作ります。

3.カッター、爪楊枝を使ってマカロンの「ヒダ」を作る

2の紙粘土の上部分に、カッターを使って線を引きます。
その線を参考に、3本の爪楊枝をテープで止めたものを使って、マカロンの「ヒダ」を作ります。

なお、1~3を繰り返し、同じものをもう1個作ったら、それぞれの生地を乾燥させてください。

4.白い紙粘土を3のマカロン生地で挟んだら、完成!

さぁ、最後は白い紙粘土を3のマカロン生地で挟んだら、フェイクマカロンの完成です!

いろんな色のマカロンを作って、遊んでね♪

本当に紙粘土だけ、あんなにも可愛らしいフェイクマカロンが完成してしまいました……!

紙粘土をキレイに整えるのに、ちょっとしたコツが必要ですが手順通りすれば不器用さんでも美味しそうなマカロンを作ることが出来ますよ~♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
2019-09-05_ad_03_sp