親子の時間研究所

恐怖で仕方なかった会陰切開

この記事は約1分で読めます。

初めましての言葉

妊娠するまで読み方も言葉も全く分からなかった言葉、会陰切開。
妊娠して出産ってどんなことをするんだろ、どれだけ痛いんだろうと調べていくと会陰切開という言葉が何度も登場しました。

会陰切開とは出産の際、赤ちゃんが出てこれるよう会陰を切ること。

聞いただけでも絶対痛い!と恐怖でいっぱいでした。むしろ個人的には出産の恐怖よりも、会陰切開の方が怖くて仕方なかったです。出産が近づくにつれ、会陰切開の恐怖はどんどん大きくなり、バースプランにできれば帝王切開と会陰切開は避けたいと書き、助産師さんのカウンセリングでも会陰切開はしたくないですと訴えました。

いざ出産!会陰切開するのか!?

とうとう陣痛がきて、病院へ。
陣痛の感覚も短くなりすぐに分娩室へ移動しました。その時も私の頭の中は会陰切開のことで頭がいっぱい。
事前に切開を避ける方法として会陰にオイルを塗ってマッサージするとか、会陰を自分で伸ばして柔らかくするとか調べましたが、会陰部分を見るのも怖くて何もできませんでした。

いよいよ助産師さんから産まれますよとの言葉が。そのとき私の陣痛の痛みがピークで頭が真っ白でした。産科の先生が登場し、周りが急に慌ただしくなりました。痛すぎで会陰切開のことを忘れていたら、先生が「じゃあ切りまーす」と一言。

その瞬間、会陰切開だ!と我に返ったのですが、一瞬のことすぎて怖い!痛い!と感じる余裕がありませんでした。それよりもその前の麻酔のほうが痛かった・・・。


スポンサーリンク

私の会陰が・・・

切った瞬間、音はしなかったもののジョキっと切られた感覚はありました。でも麻酔が効いていたので痛みは無く、陣痛といきみのほうでいっぱいいっぱいだったので、会陰切開自体は平気でした。

それよりも産まれた後の会陰切開を縫う作業のほうが、出産という大役を終えた自分の体に追い打ちをかける地獄の時間でした。

1か月ほどは会陰切開の傷がヒリヒリしてトイレに行くことや座ることがつらかったです。そして産後1か月検診で先生から陰部にばい菌が入って腫れて化膿していると言われ、処置をされました。
結局その件もあって会陰の痛みは産後2か月ほど続いたのですが、なぜばい菌が入ってしまったのか私には心当たりがあります。

真冬に出産したのでどうしもお風呂にゆっくりつかりたかった私、産後1か月は湯船に入ってはいけないと書いてあったのに退院後から普通にお風呂に入ってしまったのです。反省しています・・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク