親子の時間研究所

材料2つで失敗知らずのもっちり蒸しパン-離乳食にもおすすめー

蒸しパン1

蒸しパン失敗していませんか?

お子さまのおやつのために、蒸しパンを作ってみるけどなかなか思うようにいかないという経験はありませんか?

パサパサになってしまったり、ふんわり蒸しあがらなかったり。
離乳食のため、手づかみ食べの練習のため、と蒸しパンを手作りしてみても赤ちゃんがあまり食べてくれないということも多いかと思います。

子どもたちが食べるか食べないかには、お腹が空いているか、好きなものかということ以外に
①食べたい見た目か(彩りや形など)
②食べやすい食感か
ということがあげられるかと思います。

今日は、失敗なし!材料2つで簡単にできる蒸しパンをご紹介します。
子どもたちが大好きなしっとり、そしてもっちり食感の蒸しパンです!

蒸しパン2

材料2つで失敗なし!

材料はたった2つ!ホットケーキミックスとお豆腐だけです。

蒸しパン4

ホットケーキミックスを使うので、うまく膨らまなかったらどうしよう…と心配する必要はありません。
またお豆腐を使うので栄養も満点です!

作り方は簡単☆ホットケーキミックスに同量のお豆腐を混ぜるだけ。
結構ベットリした生地なので、泡だて器よりヘラで混ぜるた方がいいと思います。

混ぜ合わせたら、お好みの型に入れて蒸し器やオーブンの蒸し機能で竹串に何もつかなくなるまで蒸しあげましょう。
我が家ではオーブンの蒸し機能で25分くらいです。

蒸しあがったらすぐに型からはずして冷まします。熱いので気を付けてくださいね。
型がなければ、小さなお椀やココットでも出来ます。薄く油を塗っておくとすぐ型からはずせます。
だいたい子どものおやつになる良いくらいのサイズの蒸しパンが150gずつで6つくらいできます。

卵や牛乳を使って作る蒸しパンもおいしいですが、お豆腐で作るとよりしっとりもっちりした食感になります。
ポロポロしていないので、こぼれる心配もあまりありません。外出先でのおやつや、お気に入りのお洋服の日のおやつにもおすすめです。

スポンサーリンク

好きなものでアレンジしてみて

我が家では、ニンジンをすり下ろして生地に混ぜたり、コーンも混ぜたりします。
菜っ葉ものをあまり食べてくれないのであれば、ホウレン草や小松菜などを細かくして入れるのもいいですね。

ハロウィンの時はカボチャ型、冬はスノーマンの型で焼くと食べる前からテンションがあがります。

蒸しパン5

緑やオレンジ、鮮やかな色合いと興味をひく型で作れば、食べたくなる条件の②もクリアできるはず☆

パン食がなかなか進んでいないと悩んでいるお母さん、ぜひ試してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク