親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年5月17日

こどもが作れるおやつレシピ

 

こどもと一緒におやつ作るとなると、あれこれ手を出したくなってしまいがち。でも折角の機会ですから「自分で作れた!」という達成感が得られるようにしてあげたいものです。

そのためには、作業・材料・行程が簡単でシンプルなことがいちばんです。失敗や怪我を心配してハラハラすることが減りますから、隣に並んで楽しく作ることができます。

それから、工作のような感覚でできる作業があると、楽しみながら手元に集中することができます。

更に、それが家族やお友達に教えたくなるような仕上がりになれば嬉しいですよね。こどもにとっては「こんなのが作れた!」という自信にも繋がります。

そんな簡単で楽しくてちょっと可愛い手作りおやつを3つご紹介します。

 

【ミニチョコバナナ】

材料

  • バナナ
  • 板チョコ
  • お好みでトッピング

バナナを適当な大きさにカットし、湯煎かレンジで溶かしたチョコレートをスプーンなどで上からかければ出来上がり。ただそれだけ!

チョコペンやトッピングシュガーがあるとデコレーションも楽しめます。お弁当用のピックがあれば、トッピング無しでも可愛らしくなりますし、食べやすくて一石二鳥です。

 

【ミニチョコクロワッサン】

材料

  • 冷凍パイシート
  • 板チョコ

冷凍パイシートを室温で柔らかくし、少し伸ばしてから縦長の三角形になるようにカットします。三角形の底辺のあたりに板チョコをひとかけのせて、生地と一緒に上に向かってくるくる巻きます。

溶き卵を塗る

巻き終わりを下にし、オーブンシートを敷いた天板に並べます。溶き卵を塗り、200度に温めたオーブンで15分ほど焼けば出来上がり。

 

【コロコロゼリー】

コロコロゼリー

材料

  • オレンジジュース 200ml
  • 砂糖 大さじ1
  • 粉ゼラチン 5g
  • 水 大さじ1
  • 缶詰みかん 適量

ゼラチンを水に入れてふやかしておきます。鍋にオレンジジュースと砂糖を入れて加熱し、沸騰させない程度に温めて、砂糖が溶けたら火を止めます。そこへゼラチンを加え、よく混ぜて溶かします。

プリンカップなど少し深さのある容器にラップを大きめに切って敷きます。缶詰のみかんを1つ入れてゼリー液を流し込みます。ラップをねじって輪ゴムやワイヤーなどで留め、冷蔵庫で冷やし固めます。水を張ったボウルに浮かべると形がまとまりやすいです。

ゼリー茶巾絞り

持ち寄りパーティやお弁当にもおすすめ。凍らせてアイスにしても美味しいです。

 

【自分でできた!という成功体験】

おやつを作る女の子

材料を切る作業もやらせたいけれど、包丁を持たせることが不安だな…と思ったらスケッパーがおすすめです。粘土ヘラのように使えるので、バナナやパイ生地のような柔らかいものを綺麗に切ることができます。

できたね!すごいね!美味しいね!と、たくさん褒めてあげながら食べましょう。最高のおやつタイムになりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう