親子の時間研究所

赤ちゃんの頻回授乳によるストレスを溜めないように

頻回授乳で眠たくてイライラ

寝る赤ちゃん

とっても可愛い我が子でも、毎日昼夜問わず頻繁に授乳していると、疲れが溜まってストレスを感じる時もありますよね。

睡眠不足によるイライラや、自分の時間がまともに取れなくてイライラ。

それでもやることはたくさんあってツライと感じているママに、無理しないで大丈夫だよと言いたいです。

 

睡眠不足によるストレス解消法

寝てすっきり

眠くてストレスが溜まっているなら、思い切って寝てしまいましょう。

家事を少しくらい疎かにしたって大丈夫。とにかく睡眠不足を解消するのです。

赤ちゃんが寝ているときは、一緒に寝る。これが結構肝心です。

寝ているうちに頑張って家事をしてしまおうとすると、夜の頻回授乳で起きる事が辛くなります。

手を抜ける所は抜き、子どものお世話が出来れば良いくらいに考えていれば、ストレスをあまり感じる事は無いでしょう。

寝不足はストレスの元です。たくさん寝てみたら、そんなにイライラしなくなっていることに気がつくはず。

ミルクのにおいがする可愛いわが子の隣でお昼寝をして、今しか味わう事の出来ない幸せをたっぷり満喫しましょう。

 


スポンサーリンク
2019-09-05_ad_05_sp

家事は手抜きでOK

ごはん

ご飯はお惣菜や簡単に調理できるもので済ませても大丈夫。

授乳には栄養満点じゃなきゃと頑張りすぎてストレスをためては本末転倒です。

栄養は取った方がいいけれど、毎回頑張らなくたって良いんです。

旦那さんにも協力してもらえれば助かりますよね。お仕事で忙しいでしょうが、二人の子どもなのですから.。

食器を洗ったり自分の洗濯をしたり、出来る事はしてもらえれば、少しでも長く赤ちゃんと一緒に寝る事が出来ますよね。

 

母乳育児でも、ミルクをあげても良い

ミルク

出産で同室だったママが、二人目育児なので睡眠を確保するために夜だけミルクをあげていると言っていました。

ミルクだと腹持ちが良いため、母乳の時よりも長く眠ってくれるそうです。

夜の授乳がつらい時は、試してみるのも良いですね。

 

ストレスを抱えないために

全てを頑張りすぎるとストレスが溜まるので、子どもの事だけ出来ていればいいやと心にゆとりを持つと、ゆったりとした気持ちで育児期間を楽しめるはずです。

少しくらい散らかっていても、ご飯が手抜きでも、洗濯物が山でも、幸せだったらそれで良いのです。

余裕のある時にちょっとずつやったり、旦那さんと手分けしてやったりすれば大丈夫。

せっかくの育児期間、イライラしないように楽しく幸せに過ごしましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク