親子の時間研究所

「まてまてさん」子どもたちの身近な靴下との楽しいやりとり

この記事は約1分で読めます。

【まてまてさん】
作/おーなり由子 絵/はたこうしろう
講談社/出版

靴下と赤ちゃんの絵本

赤ちゃんにおすすめの絵本「まてまてさん」のご紹介です。

この本には靴下と赤ちゃんが登場します。


赤ちゃん向けの絵本ですが、3歳半になった長男もまだ喜んでニコニコしながら読んでいます。
「読んで」とお願いされるときもありますし、簡単な台詞だけなので自分一人で読んでいるときもあります。
また妹に読んであげている姿も見られるようになりました。

そういった意味でも、長く楽しめる絵本だと思います。

「まてまてさん」

子どもたちは、お母さんお父さんに追いかけてもらうとすごく喜びますよね。
まてまてー!というフレーズが大好きだと思います。

まてまてさんは、靴下と赤ちゃんの絵本です。
靴下が赤ちゃんを追いかけたり、止まったり。赤ちゃんは大喜び。
反対に今度は赤ちゃんが追いかけたり、ギューッとしたり。可愛らしいやり取りが描かれています。


スポンサーリンク

身近な靴下とのやり取り

靴下は子どもたちにとってとても身近な存在ですね。
靴下を履くことは、毎日毎日繰り返す作業ですが、
家の中にいるときは靴下を脱ぐことも多いと思いますので、1日のうちで洋服を着る回数の何倍も行っていると思います。

大人にとっては簡単な靴下を履く作業。でも子どもたちにとってはとても難しいこと。
そしてそれは割と早い段階でぶつかる壁だと思います。
ただ、自分で着替えるという成長の一番先に来るのが"靴下を履く"ことでもあるので、
靴下は生活の中で大きな存在であるでしょう。

そんな靴下との楽しいやり取りが描かれている「まてまてさん」

靴下をはくのがいやだ!お出かけいやだ!
という子どもたちにも、ぜひ読んであげてほしいと思います。

そしてまてまてさんのように、お母さんが靴下をもって追いかけてみましょう。
きっとキャッキャッ声をあげながら、喜んで楽しく靴下が履けることと思います。

まてまてさん2

 

また靴下を履く練習をしている子どもたち。履けるようになったのに履かせてと甘える子どもたちにもおすすめしたい絵本です。
何度も何度も繰り返し読み聞かせてあげると、セリフも覚えて毎日靴下を履くのが楽しくなるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク