親子の時間研究所

子どもの自然な表情を撮りたい!その引き出し方・撮り方

この記事は約2分で読めます。

春になると写真を撮る機会が増えてくると思います。卒園卒業や入園入学などの節目、新年度の始まり、子どもの成長記録として素敵な写真を撮っておきたいですよね。

しっかり並んでにっこりポーズの写真ももちろん、可愛くて残しておきたい写真のひとつ。
でも、自然な笑顔や自然な表情もその時にしか見れない可愛い瞬間だと思います。

そんな自然体の子ども達も残していきたいですね!

自然体の写真を撮ろう!

子どもの写真は結構タイミングが大事なところがありますよね。
機嫌を損ねないように、なるべくテンションをあげさせてとママもとても気を使います。
その場その場で対応は違うと思いますが、例えばお友達と集まってみんなで写真を撮ろうとなった時。
集まったら子ども達は遊んでしまったり、ママ達もついつい子ども達が遊んでる流れでお喋りに夢中になってしまったりしがちですが、集まったその時がタイミングです!

写真はなるべく後回しにせずに、その時に撮るがいいと思います。
先に撮ってしまえば遊んでお洋服や髪型が崩れてしまった、ケンカになり機嫌損ねて泣き顔になってしまった、疲れてもうグダグダ…ということを気にしなくてもよくなります。」

みんながみんなベストな状態が良いとは思いますが、子どもの撮影はなかなかそうもいかないのが現実。
タイミングもですが、一番は親子でその撮影を楽しめる事が大事かなと思います。

自然体を引き出すアイテム

・シャボン玉
・風船
・水鉄砲(夏の水遊びの時に)

ご機嫌をとったり、少しジッとしててもらうのにオヤツを用意することはよくあると思います。
オヤツもいざという時はやっぱり欠かせないですが、プラスαで遊びアイテムも加えるとより自然な表情が撮れます。

水鉄砲は夏限定になってしまいますが、ママも一緒に水鉄砲を持ち遊びながら楽しんで撮るとママに向かって打とうとしてる子どもの表情といったらもうイキイキとしてます!

オススメの撮り方

それは【走る】です。
色々グッツを使って撮るのも素敵な表情を引き出すコツですが、走ってる時の子どもはとっても素敵です。

・「ヨーイドン!」しよう!とママから提案してスタート位置を決めてあげる。
・ゴールにママが座りカメラ準備。
・撮れる準備が出来たら「ママのところまでヨーーーイドンッ!」っと声をかけてあげます。
走ってくる様子を連写するとイキイキと楽しそうな笑顔の写真がある確率が高いです。

何回か距離を変えたり、場所を変えたり、掛け声を変えてみたりするといいです。
一緒に遊んでる様に撮影してると子ども達も体を動かせて楽しめるし、遊んでる感覚で撮れるので飽きないし、素敵写真は撮れるしでとってもいい事づくしです!

ですが、ひとつ注意点があります。
スマホであれば大丈夫と思うのですが、一眼レフカメラ等ですと子どもが勢い余って本気でぶつかって来た時に、カメラがママの顔に当たるととっても痛いです。

なので、そこだけ気をつけて撮ってみて下さいね。

親子で楽しみながら、子どもの自然な笑顔や表情を撮って、素敵な思い出を増やしていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク