親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2017年12月8日

おうちでお手軽!庭キャンプ&お家キャンプ

◆おうちでキャンプを楽しもう!

おでかけしたいけど、休日はどこも混雑していて、道路も渋滞。遠出は大変・・・。

だけど子どもたちと楽しみたい!!そんな時、我が家は庭キャンプをします。

通常キャンプへ行く場合は、キャンプ道具がいろいろ必要ですが、

庭キャンプ&お家キャンプなら特別な道具は必要ありません。

我が家は今はキャンプ道具をいろいろ揃えていますが、なにも持っていなかったときもお庭でキャンプしていました。

アパートで暮らしていてお庭がなかった時も「おうちキャンプ」を楽しんでいました。今回はその方法をお伝えしたいと思います。

 ◆キャンプ用品不要!家にあるものでOK!

レジャーシートを敷いてその上に座布団やクッションを置く。

子どもが使う幼児用椅子などがあればそれでもOK。

汚れてもすぐ拭き取れるいつも室内で使うおもちゃなどあれば一緒に出してあげる。

お昼ごはんをプレートに載せたり、お弁当箱に詰めて、外でランチタイム。

これだけのことですが、いつもと違うランチタイムに子どもたちは大満足。

 ◆お庭がなくてもできること

お庭がないアパートで暮らしていた時は、

ベランダに椅子をだして子どもと並んで座ってオヤツを食べたり、

トランプをしたり。ベランダキャンプ用の旗を子どもと制作したこともあります。

(最近ではベランピングなんて言われますよね)

夜はあたたかい飲み物を用意して親子でベランダで星を眺めたり、月を見たり。

お庭がなくても工夫次第で楽しめます。

(ベランダの場合は騒ぎすぎて近隣の迷惑にならないよう配慮が必要)

 

ベランダも無理。というご家庭はお部屋でもOKです。

いつも食事をしているお部屋で、テレビも電気も消して、ライト1つで夕食を食べてみても面白いです。

 

おうちにキャンプ道具がそろっていても、テントを立ててタープをはって準備するのは一苦労。

タープは日よけや目隠しになるので、頑張ってはりますが、全部ちゃんと出さなくても適当で大丈夫。

折り畳みテーブルとイスさえ出せばどこでもキャンプ気分が味わえます。

準備や後片付けは子どもも巻き込んで一緒に行うことも大切です。いつもは何もしない、しようとしない我が家の子ども達ですが、庭キャンプのときは、張り切ってお手伝いをしてくれます。

 

昼間はもちろん、夕方~夜もライトをつけて薄暗い中で家族で過ごすのも楽しみの1つです。テレビもないのでいつもより会話も自然に多くなります。

住宅街ですと、バーベキューなど近隣の迷惑になる可能性があるので、

事前にきちんとご挨拶に行き了承を得るのがよいと思います。

了承を得ても夜遅くまで騒いだりしないよう配慮が必要です。

バーベキューにこだわらなくても、

おうちのキッチンでカレーを作ってお外で食べたり、

卓上コンロを外に出してお鍋を作ったり、キャンプメニューはたくさんあります。

居住環境や家族や自分にあった方法を選択して、ぜひお家キャンプ&庭キャンプ楽しんでみてください。

 

おうちキャンプのお話はこちら

おうちでお手軽!庭キャンプ&お家キャンプ

春が待ちきれない!おうちキャンプごっこで育む豊かな感性

おうちでキャンプ体験!寝袋で寝てみよう!

 

初心者でも楽しめるキャンプのお話はこちら

初心者OK!母子キャンプに行こう。

広大な芝生広場でバーベキュー!デイキャンプは「秋ヶ瀬公園」で!

初心者もOK!岐阜県「ひるがの高原キャンプ場」

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ ~家族に嬉しい遊びが盛りだくさんのキャンプ場~

無印「家具の家」に宿泊しよう~カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 

 

 

mitomo

大手新聞、リクルートの雑誌などの制作関連の仕事を経た後、国内、海外へひとり旅。

田舎育ち、田舎暮らし。2児の母。

多少煩わしくても、人と人とのつながりを大切に。型にはめず、子どもの可能性を最大限に伸ばしていく方法を考えながら子育てをしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう