親子の時間研究所

おうちでキャンプ体験!寝袋で寝てみよう!

この記事は約2分で読めます。

寒い冬でも楽しめる、お部屋でキャンプ。

 

冬の寒い季節は、キャンプのオフシーズン。

キャンプ場も冬季は営業していない施設も多いです。

そこで、今回はキャンプ場に行かなくても、

いつでも手軽に楽しめる「お部屋でキャンプ」をご紹介したいと思います。

 

アウトドアに興味がなくても。あると便利な寝袋。

 

寝袋

 

みなさんは寝袋、持っているでしょうか?

アウトドアアイテムは、災害時に避難生活でも大変役立ちます。

アウトドアに興味がない方も、防災対策の道具の1つとして用意されてもよいと思います。

寝袋は軽量でとてもコンパクトになります。持ち運びが楽なので、どこでも持っていき敷くことができます。

あわせて床に敷くマットがあればどこでも比較的快適に眠ることができます。

値段は安いものだと1000円くらいからありますが、保温性や速乾性、肌触りなどを求める場合は少しよいモノを選んだ方がいいと思います。

頻繁に買い替えるものではないので、多少は高くてもよいモノを買った方がいいと思う方もいれば、たまにしか使わないから安いものでいいと考える方もいます。

自分でいつ、どういう目的で使うためのものか、よく考えて選んでみましょう。

 


スポンサーリンク

おうちキャンプ。今夜は寝袋で寝よう!

 

いつも過ごしているおうちのお部屋も工夫次第で、子どもにとっては新鮮で楽しい空間になります。

寝室ではないお部屋に、寝袋をセットしてみました。

 

ねる

 

畳の上に寝袋、だと、やはり床面がかたいので、

このあと畳の上に、キャンプ時にテントの中に敷くマットレスを敷きました。

マットレスは床からの冷気を遮断する効果があるので、

災害時、避難生活の際にも役立つアイテムだと思います。

 

 

部屋の電気を消して、ランタンの光で。

 

部屋の電気は消して、扉も閉めます。

ランタンの光だけで過ごしてみましょう。

最初は暗いと感じても、だんだん慣れてきます。

お気に入りの絵本を読んだり、

家族でトランプをして過ごすのも楽しいです。

 

 

バスケット

 

 

籐のピクニックバスケットには、明日の朝食を入れて用意しておきました。

いつものテーブルではなく、お部屋にレジャーシートを敷いて食事するのも楽しみ方の1つです。

少し手間はかかりますが、お部屋に人工芝マットを敷き詰めてみるなどすると

かなり雰囲気がアップして、本格的キャンプに近づきます。

また、子どもと一緒に紙や布に絵を描いて、旗を作って、お部屋を飾るのもおススメです。

家族みんなの似顔絵を描いて「〇〇家」などと書くだけで、面白い旗ができます。

最近はベランダで行う「ベランピング」なんてのもあるそうですよ!

 

凝ったものでなくても、工夫次第でおうちの中でおしゃれキャンプ、本格キャンプが楽しめます。

非日常な空間は子どもにとって楽しいものです。

オリジナル我が家だけの「おうちキャンプ」、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

おうちキャンプのお話はこちら

おうちでお手軽!庭キャンプ&お家キャンプ

春が待ちきれない!おうちキャンプごっこで育む豊かな感性

おうちでキャンプ体験!寝袋で寝てみよう!

 

初心者でも楽しめるキャンプのお話はこちら

初心者OK!母子キャンプに行こう。

広大な芝生広場でバーベキュー!デイキャンプは「秋ヶ瀬公園」で!

初心者もOK!岐阜県「ひるがの高原キャンプ場」

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ ~家族に嬉しい遊びが盛りだくさんのキャンプ場~

無印「家具の家」に宿泊しよう~カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク