親子の時間研究所

幼稚園のプレ保育の代わりに認証保育園へ行ってみた

お子さんが少し大きくなってきて、個性が出はじめてくる2歳になるあたりから考え出すのが幼稚園についてですよね。
来年度から幼稚園に通うお子さんがいる家庭では、入園を希望する幼稚園のプレ保育に通う方が多いと思います。
幼稚園によってプレ保育にも色々な特色があったり、頻度も様々です。
そんな中で、我が家では3歳になった娘をあえて来年入園予定の幼稚園のプレ保育ではなく、認証保育園に入れてみました。
その理由と、今のところ認証保育園に通ってみた感想をお伝えしていきたいと思います。

幼稚園に入園予定でも保育園に入れる!

幼稚園のプレ保育は週に2回だったり、月に2回だったりと幼稚園によってそれぞれです。
また、親子教室のように母親と一緒に参加するものから、初めはお母さんと一緒に参加するけれど慣れてきたら母子分離になる幼稚園もあります。
初めからお母さんとは離れて参加する教室もあるので、お子さんの性格や雰囲気に合った幼稚園を選ぶことが親としても安心ですよね。

我が家には小学校1年生と3歳になった娘が2人います。
来年度からは長女が通った幼稚園に次女も通わせる予定です。
しかし、その幼稚園はプレが月に2回で親子一緒の教室になります。次女は活発な方で、お喋りも大好きで人と接するのを喜ぶ性格です。
なので、月に2回のプレ保育だと物足りなさを感じていました。
プレに行かない日のほとんどを母親と2人きりで過ごしても退屈なのではないかと悩んでいました。

最近では満3歳児保育を取り入れている幼稚園も増えてきましたがその入園予定の幼稚園は3年保育からしかありません。
そんな中、幼稚園入園までの期間を認証保育園に預けるという選択肢があることを知りました。

仕事を探してみようと前向きになれた

認証保育所は東京都独自の制度です。
認可保育園と違い利用者と保育所が直接利用契約できます。
また都独自の基準を設定し、適切な保育水準を確保しているので無認可保育園であるという不安はあまりありませんでした。

とは言え、大事なお子さんを預ける施設は実際見学に行くことが良いと思います。
私が一番重要だったのは、保育を必要とする理由は問わないので誰でも利用できる点でした。
以前から漠然と子どもが小さいうちは在宅の仕事をしたいな。と考えていましたが、来年幼稚園に入るので自分の時間を持てるのはまだ先のことだろうなと諦めていました。
しかし、認証保育所に入れるかもしれないと知った事で自分の時間をどの様に使おうか、仕事を探し始めることも出来るかもしれないと私自身前向きになることができました。


スポンサーリンク

保育料は自治体の助成金を活用しよう

仕事は探すつもりでしたが実際にフルタイムで働いていないので、子どもを保育園に預けることに抵抗はありました。
まだまだ一緒にいてあげたほうがいいのかもしれないと、決断が揺らいでいる中で週3日保育園に預けて、他の2日は目一杯遊んであげようと決めました。すると心が軽くなり自分を納得させることができました。
私の住む地域の認証保育所は一定の要件を満たすと助成金が出ます。
次女は2歳児クラスになるので月額16000円が助成されます。この助成金は大変ありがたいので利用したいと考えました。
・月160時間以上の月ぎめ保育契約をしていること
・利用者助成による軽減前の保育料が月額35,000円以上であること
を満たす事が条件だったため、週5日1日8時間(9時から17時まで)の契約をすることにしました。
近所の認可保育園の一時保育は1時間500円だったので、月極の保育のほうが割安にはなります。
我が家は長女が小学校に入学したので適用されませんでしたが、保育園や幼稚園に通うお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる方は他にも保育料の助成があり、月額20000円でした。
これはかなり負担が減るようで、年長さんのお兄ちゃんがいるお母さんは「お稽古代わりに入園できてしまう」と話していました。
お住いの地域によって制度は様々なので、助成については調べてみるといいと思います。

 

親子一緒の時間と別々の時間の両方をバランスよく持てた

実際にいくつかの認証保育所を見学して、幸いにも園の方針や雰囲気がとても気に入った保育園がすぐ近所に見つかり入園することができました。
もしその保育園に入園できなかったら当初の予定通り幼稚園のプレ保育に通っていたと思います。
入園して1~2か月は毎朝別れ際に大泣きをしていました。家庭保育をしようと思えばできる環境にいるのに私のエゴで保育園に入れてしまったのかな。と自分を責める日も多くありましたが、家でも「保育園行きたくない!お母さんと一緒がいい」と泣き続ける日は私も涙が出そうでした。

それでも段々と保育園での楽しかった話しや、好きな先生ができた話しをしてくれるようになってきました。
保育園に行っている間は私も仕事を探して少しづつ仕事を始める時間が持てるようになりました。また、1年生になったばかりの長女とも2人きりで向き合える時間が増え、学校の行事なども積極的に参加できています。
その分、保育園がお休みの日は次女とは今までより思う存分向き合って過ごせているので以前より濃い時間になりました。

保育園に入園するのにも保育料がかかりますし、仕事のペースも人それぞれですが我が家の場合は保育料には代え難い時間と経験を得られていると実感しています。

私の体験を参考にして、幼稚園入園前にも色々な選択肢があることを知ってもらえたら嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク