親子の時間研究所

陣痛は立ってる方が楽だった!私の2人目出産体験記

この記事は約3分で読めます。

7月に2人目となる次男を出産しました、spicaです。
経産婦ではありますが1人目の時の出産体験(出血多量、18時間)は若干のトラウマで、お産はやっぱり怖いもの。怯えながら産前の日々を過ごしていましたが、果たして2人目の出産はいかに…!?

皆さまの参考になれば幸いです。

前期破水…!?にも関わらず寝てしまう。

満月の日は出産が多いってよく言いますよね。我が家では上の子が満月の日に産まれたこともあり、今回も予定日前後の満月の日をチェックしていました。

迎えた満月の日は日曜で、ドキドキしながら夫と一緒に家事や長男の世話をし、いつもと同じように過ごしていました。しかし、産気づく気配はなし…。「なーんだ結局こなかったな」と、残念なようなホッとしたような複雑な心持ちで1日を終え、眠りにつきました。

ところが、その夜中…。眠っていると、突然ピュッという感覚と共にお股から何かが出たような…。確認してみるとさらさらの液体でした。においは無臭で、尿でもおりものでもない感じ。これってもしや破水?時計をみると夜中の3時半。産院に電話しようか、でもいまから病院にいくのもな…こんな夜中に勘違いだったら明日仕事の夫にも悪いし…。量も少ないし、もうちょっとだけ様子みてみるか…なんて考えていたら、なんとそのまま眠ってしまいました。

目覚めたのは朝6時。月曜なので夫と長男を見送るべく慌ただしく朝の仕度を始めますが、この時点でお腹をくだしたような痛みが数分おきに来るようになりました。

あぁこれ陣痛だな、きっとそうだよねと思いながら、いやでも勘違いかも?とも思いつつ、数分感覚で訪れる痛みに耐えながらとりあえず朝ご飯を作り、「イテテテ」と言いながら夫の弁当を作りあげ、朝の洗濯物まで干したのでした。

陣痛は立ってたほうが楽!?

痛みが3~4分感覚になったので産院に電話すると、すぐ来るようにとの指示。マタニティタクシーを登録しておいて本当によかった…。
病院で診察を受けると既に破水しており子宮口が4センチ開いていました。

『午前3時の液体はやっぱり破水だったんだ…』

少しでも破水したら、感染などを防ぐためにもすぐ病院に連絡するのが正しい判断。助産師さんからは「次があるなら、次回は気をつけてね!!」と注意されてしまいました。

病院に着いたのが朝の9時頃でしたが、その日の午後から夜までには産まれるだろうと、すぐに入院の措置がとられました。

ところで今回のお産にあたり、試みようと思っていたことがありました。それは陣痛に耐える間、体をできる限り横にせず起こしておくこと。

1人目を出産した時は病院につくなりベッドに横になって過ごしたのですが、赤ちゃんがなかなか下りてこず長時間のお産となってとても苦しみました。体を縦にしておき重力を利用したほうが、赤ちゃんが下りてきやすくお産が進みやすい、痛みもましになるという情報を聞いていたので、実践してみようと思ったのです。

陣痛がまだ本格的でないうちは、音楽を聞きながら病院のフロア内をうろうろと歩き回り、痛みが来たら大音量にして紛らわせていました。

だんだん間隔が短くなり、強い痛みに歩くことができなくなっても、「まだまだ」と思ってベッドの横に立ち続けます。強い痛みが来たときにはベッドの柵を握りしめて堪えました。

子宮口が7センチまで開き、助産師さんからもうベッドに横になっておきましょうと言われるまで、立ったまま陣痛を乗り越えました。

結論を言えば、立っていた方がとっても楽でした!

横になっていた1人目の時と比べたら雲泥の差!経産婦だったということもあると思いますが、立っていたおかげで赤ちゃんもスムーズに下りてきてくれたように思います。


スポンサーリンク

ハッピーバースデー!!

経産婦であったからか、その場にいた助産師さん達からは「産みたいと思ったらいきんでいいよ」「自分の感覚を信じて」と言われました。

そ、そんなこと言われても…

『体力消耗しちゃうからあんまり早くいきんでもいけないんだよね…?どうしたらよいのだっけ!?自信ないですーーー!!!』

そう思っていたのですが、何度めかのきつい陣痛の波のあと、“いきみたい感じ”を覚えました。

「もう、いきみたいです!!」と伝え、6回くらいいきんだでしょうか。最後の数回は赤ちゃんの頭がはまっている時間が長くて絶叫してしまったけれど、無事に第2子が出てきてくれました。

会陰切開はなく、しかし少しだけ自然裂傷があったようで縫合の処置がありました。ちなみに前回同様、私は陣痛やいざ産まれる時の痛みよりも、この縫合の処置が本当に辛かったです。

今回はコロナ禍での出産であったため立ち会い不可と聞いていました。1人で産む覚悟をもって病院に来ましたが、たまたま数日前から制限が緩和されたらしく、急遽夫の立ち会いのもとお産に臨むことができました。

経産婦は1人目の時より早く産まれるって本当だったんですね…。1人目の時の半分の時間で産むことができました。

2回目のお産は、もちろん痛みや辛さはありましたが、なんだかちょっと楽しかったような…やりきったという達成感に溢れて、産んだ直後から良いお産だったなと思うことができました。

今回の反省は、夜中に前期破水していたにも関わらず病院へ連絡しなかったこと…。大事には至りませんでしたが、感染症のリスクもあります。これからお産を迎える方、破水した際はすぐに病院に連絡してくださいね。また好みや個人差はあると思いますが、陣痛の際には体を起こした姿勢がおすすめです。よろしければ試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク