親子の時間研究所

【私の出産】破水からの出産

この記事は約2分で読めます。

出産体験記

私は只今4カ月の息子がいます。
結婚をしてすぐに赤ちゃんが欲しかった私は子作りを始めました。
基礎体温、排卵チェッカー等もしてみましたが一年たっても恵まれず、旦那と相談をして産婦人科病院に行くことにしました。

 

不妊症

私が病院でおこなった診察は、基礎体温のチェック、膣内の状態の検査、通水検査でした。

どれも異常はありませんでした。
旦那が不妊の場合もあるということで精子検査をおこない、その結果、精子の運動率が悪いこと不妊の理由とわかりました。
自然妊娠はほぼ無理ということになり、大きな病院での体外受精を進められました。

そのためにはお金が必要になり、私は仕事を始めました。
その間も自然妊娠を諦めずに続けていました。

その半年後に、なんと奇跡的に自然妊娠が出来ました。
病院に行ったときにお医者さんもびっくりされていました。

 

切迫早産

私は比較的つわりが少ないほうでした。
匂い悪阻も、食べ悪阻もありましたが、吐き気だけで済んでおり、そこまで苦しめられる事は無かったです。

私は保育士という仕事柄立ったり座ったりが多く、25週の時に子宮頚管が短くなり切迫早産になり、そのまま家での自宅安静となりました。
外には出られず、日中はほとんど布団の中で過ごし、お風呂も二日に一回と制限がありました。
職場復帰も出来ないまま、出産まで自宅安静でした。
その間に体重が増え、栄養指導も受けました。

 


スポンサーリンク

破水

なんとか臨月まで早産することなく迎えることができ、外でのウォーキング等が出来るようになりました。
37週4日の時、赤ちゃんもまだ降りてきておらず、出産前の最後ということで少し遠出をして植物園や野外マーケット等に行きました。

その時に動きすぎてしまったのか、帰宅後の二時間後に破水をしました。量がすごく、びっくりして震えていたことを覚えています。
準備もしていましたが、パニックになり忘れてしまい・・・急いで病院に電話をして旦那に車で病院まで送ってもらいました。

 

陣痛と出産

病院に着いてしばらくたった頃に陣痛が5分間隔で始まりました。
生理痛の重い感じの陣痛と気張りたい感が続きました、呼吸法をしてみるも上手くいかず、この痛みはいつまで続くのかと不安でいっぱいでした。

すぐに子宮口は開きましたが、赤ちゃんが下まで降りてきておらず、椅子に座り降りてくるのを待ち続けました。
時間がたつにつれて、気張りたい感じが増し、それを我慢するのに必死でした。
病院に着いて8時間ほど陣痛を耐え、分娩台に上がる許可がでていよいよ分娩台へ、気張ってもいいよと言われ、陣痛に合わせて頑張って気張りました。
その時「痛い」や「もう無理」と言ってしまい、助産師さんに怒られたことを覚えています。

分娩台に上がり40分ほどで無事出産しました。

 

出産を終えて

妊娠するまで大変だったことも、妊娠中のトラブルもありましたが、わが子を迎えることが出来て本当にうれしい気持ちでいっぱいになりました。

妊娠中の悪阻、出産の痛みなどすぐに忘れてしまうほど愛おしく思えました。

初めての出産で毎日が大変でしたが、頑張って良かったと心から思える体験をすることができました。

これから妊娠・出産するママも、初めてのことで不安や苦労もいっぱいあると思います。
でも、それ以上の感動が待っていますので、ぜひ頑張ってください!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク