親子の時間研究所

不安でいっぱい初めての出産

この記事は約2分で読めます。

27歳、初めての出産

情報はほぼネット

結婚して数か月後、初めての妊娠が発覚。
そもそも生理が遅れてもしかしたら?と思ったらどうすればいいのかも分かりませんでした。それからはとにかくネットで検索する日々。妊娠検査薬はいつから使えるのか、どんな種類があるのか。妊娠が判明したらどんな生活をすればいいのか、母子手帳ってどうやって貰うのか。

周りに出産経験がある親族や友達がいなかったので、ネットの情報だけが頼りでした。出産準備品もネットで予習してから赤ちゃん用品店に通ってチェックして、予定日の何か月も前から少しずつ買い揃えました。

これが陣痛?

いよいよ臨月に突入。産婦人科で全く赤ちゃんが下がってきていないので、運動してくださいと注意されてしまいました。なので週2でこんな激しい運動してもいいのか?と不安になりながらもマタニティビクスに通いました。

予定日の3日前にマタニティビクスを行った夕方、お腹がチクチクするなという感覚が。おなかの調子が悪いのかな?と夕飯の準備をしていると、だんだんチクチクする感じが定期的にくる。しかも強くなってる?まさかこれが陣痛?不安でパニックになりました
。とりあえず紙になんとなくお腹に違和感を感じた時間を書き出すようにして、荷物を準備したり、お風呂に入ったり。旦那の帰宅を待ちました。

安産でした

お腹にチクチクした痛みを感じてから12時間。事前にネットで陣痛が弱いと一旦帰宅させられるという情報を見ていたので、ものすごく家で耐えました。陣痛ってこんなに痛いの!?じゃあ出産ってどれだけ痛いんだという恐怖と、陣痛が痛すぎて早く解放されたいという思いで一睡もできず、とにかく時計を見ていました。
13時間が経ち、感覚が短く安定してきたので病院に電話をかけて朝方産院へ。助産師さんにはいい感じの痛みだねとお褒めの言葉をいただきました。
そこからはもうバタバタで。着替えて、いろんなものをつながれてベットに横たわり、陣痛の痛みで野垂れまわり、いきんで、いきんで、はいおめでとうございますー。病院に着いて4時間ほどで産まれました。会陰切開は絶対したくないと怯えていたのですが、陣痛が痛すぎて「はい切りまーす」なんて言われても嫌だ!なんて思う余裕すらありませんでした。
ネットの膨大な情報ばかりに支配されていた私ですが、産むときはすべてが流れ作業で過ぎていく。産院におまかせするしかないんだなと思いました。

出産を終えて

初めての出産で周りに相談できる人がほとんどいない状態で、ネットの膨大な情報ばかりに支配されていた私ですが。いざ産むときはすべてが流れ作業で過ぎていく。産院におまかせするしかないんだなと思いました。

妊娠、出産は本当に大変で怖いし、痛いし、辛い。でも案ずるより産むが易しで、信頼できる産院で身を任せれば大丈夫でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク