親子の時間研究所

《連載コラム》あなたがあなたでいること。私が私でいること。

こんにちは!

親子の時間研究所の研究員『傾聴(けいちょう)』をお伝えしている村尾リエです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

今回は最終回、10回目のコラム。

今までのコラムの総まとめと、「親子の時間研究所」なので、もう大人になりましたが息子にインタビューしてみたことなどをお伝えしていこうと思います。

 

「やらねば」ではなく、「やりたい」と思うから

「撮影 Akiyo Otsuka」

『傾聴』を学び、実践していくことによって、私の周りの人間関係が変化していきました。その中で最も変化があったのが夫婦関係でした。

「親子の時間研究所」の視聴者のみなさまの中でも、もしかしたらご夫婦の関係で悩んでいらっしゃる方がいるのではないかな?
悩むまではいかなくても、穏やかな夫婦関係を保っていきたいと思っていらっしゃる方はたくさんいらっしゃるのでは?
という思いから、私の経験が少しでもあなたのお役に立つなら…と思いコラムを書かせていただきました。

『傾聴』を使って『穏やかな夫婦関係を保つコツ』として、
その1 「違いを責めない~共感~」
その2 「自分を無視しない~自分への傾聴~」
その3 「聴き方の種類~気持ちを聴く~」
その4 「相手を変えようとしない~問題を解決するのは本人~」
その5 「自分を粗末にしない~自分と自分との関係~」

と5つの、私が今も実践していることをお伝えしてきました。

この10回のコラムをたくさんの方にご覧いただいているとうかがっております。
色々な感想をお持ちになられたことと思いますが、どんな感想をお持ちになられてもいいのです。それがあなたの意見ですから。

同じものを見ても、感じることは人それぞれ、千差万別です。
その違いがあるのがあたりまえ。
無理に人の意見に賛成をする必要は全くありません。

だから、コラムをお読みいただいているあなたも。
取り入れたいなと思うところだけ、取り入れてくださいね。
「取り入れなければ!」ではなく、「取り入れたい!」で。
「やらねば」ではなく、「やりたい」でやってみてくださいね。

 

私達夫婦のもとに来てくれてありがとう。

我が家にはこの春から、大学4年生になる息子がひとりいます。
今はもう21歳で大人ですが、この息子が高校1年生の秋から高校3年生の秋まで、2年間別居生活をしました。
ずっと私達の夫婦関係を一番そばで見て来た息子に、以前と今の夫婦関係の違い、私の変化、夫の変化などを質問してみました。
以下ほとんど関西弁なので読みにくいかも知れませんが、これが我が家で自然な感じです。臨場感が出るのでそのまま書かせていただきますね(笑)
ご了承くださいませ。

 

「今のオトンとオカンの関係性を、以前と比べてどう思う?」

息子:良好やろな。良化していると思う。
二人で居ることをなんとも思わんやろ?
ま、それが当たり前やと思うねんけどな夫婦って。

前まではオトンとおると窮屈というか、オカンが気を遣うところがあったと思うねんけど、今は見てて全然そんな感じはせえへんし。
二人でおる時間が多くなってるってことも、その表れかなと思う。

俺もオカンも、極力オトンとは一緒にいたくないって感じやったやろ?
だけど、今は俺もオカンもそれはないやんな。
昔みたいに一緒にいて気を遣うことはなくなったな。
前はどっかで怒らせんようにってしてたからな。

 

「オカンが以前と変わったところは?」

息子:傾聴やってるからやと思うけど、「あなたはそう思うのね。私はこう思うけど。」って話しを聴くようになったよな。
自分の意見を笑いながら、まろやかに言うてる。

オカンは自分の気持ちを口に出すようになったな。
聞いてて結構うるさい時あるけどな(笑)
以前は自分の感情をこんなに口にして言うてなかったよな。
押し殺してたというか。

他にも無理に人と絡まんようになったよな。
無理に付き合うの止めたというか。
自分でちゃんと選ぶようになってきたよな。

 

「オトンが以前と変わったところは?」

息子:人の意見を聴くようになったし、折れるようになったよな。
めっちゃ丸みを帯びたと思うし、めちゃくちゃ角は取れてんとちゃうかな。
今家族には一番優しいんとちゃう?
気楽に絡めるようになったよな。

 

これはつい最近訊いた話で、今の息子が感じている感覚です。
息子自身もとても楽になっているんだろうなと思いました。

この最近の話も嬉しかったのですが、これとは別に1年ほど前の何気ない朝に息子が言ったひとことが、私は忘れられません。

「なんかさぁ~今まで俺が生きて来た中で、村尾家今が一番平和やな…」

息子には夫婦の関係のことで、とても苦労や心配をかけてきました。
そんな息子が、今が一番平和だと言ってくれた時は涙が出ました…

たくさん心配をかけてごめんなさい。
そして私達夫婦のもとに来てくれてありがとう。

 

スポンサーリンク
おそらの絵本バナー1

おわりに ~あなたがあなたでいられますように~

今は別居をして本当に良かった。
傾聴を学んで本当に良かった。

と、思っています。
そしてまた夫婦として、家族として生活をするようになり、3年半が経とうとしています。

これからの夫婦関係、家族関係の未来はわかりません。

夫が別居を解消する時に言ってくれた言葉。

「その時に考えよう」を大切に。

 

まだ何があるかわからない未来を心配すること
過ぎ去った過去を後悔すること

未来を心配すること、過去を後悔することに心をむけるのはやめて、「今ここ」を大切に生きていきたいと思います。

 

全10回の「傾聴のすすめ」のコラムをお読みいただいたあなたに、心から感謝いたします。

最後にもう一度
~あなたがあなたでいられますように~

 

村尾リエ

 

 

プロフィール

傾聴講師・カラーセラピスト

彩-irodori-  村尾リエ

傾聴(聴き方)をお伝えする講師、カラーセラピスト養成講座の開講などで活動。

傾聴(聴き方)の講演・研修や、夫婦間の聴き方に焦点をあてた講演も開催。

傾聴やカラーセラピーを主体とした個人カウンセリングも「ちゃんと聴いてもらえて楽になる!」と人気。

HP:http://www.irodori-rie.com

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク